廃車買取のメリット、トラブルの両面を襲えちゃいます

メインイメージ

トラブルも…

車を廃車・買取をする際のトラブル


車の廃車・買取で多いトラブルは、「登録抹消や基本的な手続きをしていない」です。ほとんどの業者は、ちゃんと手続きをしていますが、悪質な業者は手続きをせずそのまま中古車として販売したりすることもあります。

名義変更されずに、そのまま販売されてしまうと、その車で何か問題を起こしてしまった場合、名義人にきてしまいます。例えば、その車でひき逃げをした場合、真っ先にひき逃げした車の名義人を参考人として取り調べることでしょう。その他には、納税の時期になると、税金の請求も来てしまいます。廃車後に、「抹消登録書」が送られてこない・車の納税通知書の請求が送られてきた、などがあった場合は直ちに警察に行って、盗難届けを出し、廃車の手続きをしましょう。

ほとんどの業者は、依頼をすればきちんと廃車の手続きをしてくれますが、中には自動車を廃車にすると言ったにもかかわらず、中古車として売却する悪質な業者もいるので注意しましょう。買取では、見積査定時のトラブルです。事前に、査定してもらって見積もりを出す場合がほとんどですが、いざ手続きをすると、言っていた金額と異なるという問題があります。このような場合のほとんどが、事前に査定するときがメールやネットでの査定が多いです。

実際に見ていないと、細かい査定ができないためおこるケースです。事前に、実物を見せて査定・見積もりをしましょう。還付金を業者に取られるケースです。本来、還付してもらえる自動車税を業者が、受け取ってしまうというトラブルがあります。

還付金の返還を知らない方が多いので、本人の知らない間に手続きをしてしまうケースがあります。買取業者に相談する時には、忘れずに確認しましょう。還付制度について、全く説明が無い業者には、注意をする必要があります。それ以外でのケースでは、書類の紛失などです。普段、あまり必要ではない車検証の紛失は、各登録・変更ができません。

紛失の際は、車検証を登録した陸運局に行き「現在登録証明書」を発行してもらいます。発行手続きに必要な書類は、身分証明書・手数料納付書です。ナンバープレートを、災害や盗難にあい紛失した場合、ナンバー無での廃車は可能です。まず、盗難された場合は最寄りの警察に行き盗難届を出します。震災等で紛失した場合は、消防署もしくは市区町村役場で「罹災証明書」を発行してもらいます。これらの証明書と、車検証があれば廃車が可能になります。

最近の投稿